ヒーラー(韓国ドラマ힐러)の1話のあらすじと最終回ラスト結末の謎のネタバレは?感想とキャスト一覧は?

ヒーラー(韓国ドラマ)の動画無料視聴方法
スポンサードリンク

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」の1話のあらすじから最終回ラスト結末までをお教えします!どんな謎が潜んでいるのか?たっぷりネタバレとキャスト一覧もお伝えします。

意外な結末にあなたはどんな感想を抱くでしょうか?

スポンサードリンク

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」の1話のあらすじは?

早速、韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」の1話のあらすじから紹介しますね

”ヒーラー”ことソ・ジョンフは闇の世界に生きる便利屋です。依頼金は高額ですが、仕事は正確、敏速で腕っぷしも強く、殺人以外ならどんな仕事もも断らないため業界では有名人でした。ただし、誰ひとり顔も素性も知りません。

”ヒーラー”の仕事は相棒の”天才ハッカー”チョ・ミョンジャに届いた依頼をこなすことですが、ある日、書類を届けるという簡単な仕事を引き受け、難なくこなすはずが同業者の妨害を受けることに・・・。

一方、三流WEB記者サムデーニュースのチェ・ヨンシンは、明るく元気で正義感の強い女の子。毎日スクープを求めて走り回ります。彼女は孤児だったため、つらい過去がありましたが、義父チェ・チスに大切に育てられ、人としての優しさを取り戻しました。

そんなヨンシンが憧れるABC放送局記者のキム・ムンホは、”ヒーラー”に「ある女性を探してほしい」という依頼をします。ムンホは自分も関わる過去の事件について内密に調べていました。

”ヒーラー”はすぐにその女性を探し出しますが、その女性こそチェ・ヨンシンだったのです・・・

さて、そんな展開の1話からはじまった韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」ですが、最終回のラスト結末はどのようになったのでしょうか?最終回の謎とは?

スポンサードリンク

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」の最終回ラスト結末の謎のネタバレは?

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」の最終回はこんなラスト結末が待っていました。ネタバレありますので、未見の方は注意してくださいね。

”ヒーラー”ことジョンフは、ムンホから更に依頼を受け、ヨンシンのDNAサンプルの入手と共に身辺を探り始めます。そんな中、書類を依頼したソンチョルという男が毒殺され、ジョンフが犯人に仕立てられてしまいます。

ジョンフは、あまりにもうまく事が運ぶため、一連の出来事がすべてムンホによる策略ではないかと疑います。調べていくうちに、ムンホがチェイル新聞社オーナーであるキム・ムンシクの弟だとわかり、忍び込んだジョンフは一枚の写真を見て驚愕します。なぜなら、その若い男女5人が写る写真は唯一の父親の形見だったからです。

そこで、ジョンフは情報を集めるべく、ヨンシンのいるサムデーニュースに新人記者パク・ボンスとして潜入します。ジョンフは、初仕事で大物議員の性スキャンダルを裏付けるためヨンシンと共に敵地へ乗り込んで張り込みますが、ヨンシンが連れ去られ・・・

気弱なパク・ボンスを演じるジョンフは、過去のトラウマにより暴力を見るとパニックを起こすヨンシンを守るため、”ヒーラー”としてヨンシンを救い出します。しかし、パニックにより意識もうろうとしていたヨンシンはボンスが”ヒーラー”だとは全く気づきませんでした。

ところが、キム議員からの圧力により取材は中止となり、初のスクープを夢見ていたヨンシンは失意のどん底に・・・。頼りないと思って面倒見ているつもりのボンスに悩みを話しますが、自分を助けてくれた”ヒーラー”に会いたいとなんとなく言ってしまいます。ヨンシンが気になりつつあったボンスことジョンフは、ヨンシンの気持ちを知り、動揺します。

一方、過去の事件に関与したキム議員を追求したいムンホは、サムデーニュースを買い取りヨンシンの上司となります。取材を続ける許可をもらったヨンシンは張り切りますが・・・

実は、ムンホの兄ムンシクには隠された過去がありました。彼は例の写真に写っていた1人でした。真ん中の女性はムンシクの妻ミョンヒ、もう1人はジョンフを”ヒーラー”として育てたヨンジェでした。後の2人はすでに亡くなりましたが、その2人こそジョンフとヨンシンの父親であり、ヨンシンこそが行方不明だったミョンヒの娘ジアンだったのです。

世間ではジョンフの父ジュンソクが、金目当てにヨンシンの父ギルファンを殺したことになっており、それを知ったジョンフは、父親の汚名を晴らして好きな人と普通に暮らしたいと考えるようになります。

キム議員を追い詰めたムンホは、ムンシクの過去についての真実と陰の黒幕”御大”(おんだい)に迫ります。そのことが原因で命を狙われるヨンシンを守ることでムンホとジョンフの目的が一致しました。

そして、自分に関わる過去の真実を知りたいヨンシンと”ヒーラー”の相棒ミョンジャも協力して、最後に一か八かの大芝居を打ちます。

まず、ジョンフが ”ヒーラー”として”御大”に雇われ、ある女性を空港で確保する仕事につきます。その女性は”御大”の悪事を証言するためロシアからやってきます。証拠の映像が入ったUSBメモリをABC放送局記者のムンホに渡した後、韓国経由で亡命先へ向かうため、空港での滞在時間は30分しかありません。

空港にはミョンジャ(なんと彼女は元敏腕刑事)からの指示で刑事が張り込み、”御大”の手下も大勢待ち構えています。そこで、ムンホとヨンシンがこの女性を取材し、一部始終を生放送で報道しその証拠と共に”御大”の悪事を白日(はくじつ)の下にさらすのです。

さて、約束の時間になり、ムンホがその女性の手前の他人に近づき敵の注意を引きつけます。その間にその女性を女子トイレに誘導し、そこで待っていたヨンシンがインタビューを行うのですが・・・

そこへ、”ヒーラー”が現れ女性を拉致してしまいます。”ヒーラー”が敵の殺し屋に女性を引き渡そうとしたその時、張り込んでいた刑事の撃った一発の銃弾が ”ヒーラー” ジョンフの心臓を撃ちぬいたのです!倒れこむジョンフにTVカメラを捨ててヨンシンが駆け寄ります!

一連の出来事はすべて放映されたため、”御大”とその一味は一網打尽に逮捕されました。

ジョンフとヨンシンはどうなったと思いますか?

一か八かの大芝居は見事に成功し、ふたりは願いどおり”好きな人との普通の暮らし”を手に入れたのでした。

それではここからは韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」の私の感想をお伝えしますね。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」の感想は?

こちらが韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」を見た私の感想となります

何といってもチ・チャンウクのアクションシーンが見ごたえあります!ほんとカッコイイです!

”ヒーラー”として暗躍しピンチの時には助けてくれるジョンフと、頼りない新人記者ボンスの2役がピッタリはまっていますね。”ヒーラー”として正体を明かせずにヨンシンを守る姿に胸キュンします。

明るくまっすぐな女の子役のパク・ミニョンは、切ない恋心を表現していてはまり役ですが、お見事というほかありません。「ときめき成均館スキャンダル」を観たら大抵の人はファンになるのではないかと思いますよ。

それにしてもこんなに強くてカッコイイ恋人がいたらホント最高ですね!!

ここで、韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」のキャスト一覧を紹介しますね。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」のキャスト一覧は?

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」のキャスト一覧はこちらになります

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」のキャスト一 チ・チャンウク(ソ・ジョンフ/パク・ボンス役)

2013年に放映されたTVドラマ「奇皇后」の演技で注目されました。一人っ子で学生時代は成績優秀、運動も得意だったそうです。「ペク・ドンス」のオーディションでバク転をしてそのままスタントなしで出演することに。

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」のキャスト一 パク・ミニョン(チェ・ヨンシン役)

2005年「SKテレコムJune」のCMでデビュー後、2010年「ときめき成均館スキャンダル」で男装のヒロインを演じて話題になりました。ちっちゃいイメージがありますが164㎝なので、身長が低いわけではありませんよ。

View this post on Instagram

레옹이즈마보이

A post shared by 박민영 Minyoung Park (@rachel_mypark) on

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」のキャスト一 ユ・ジテ(キム・ムンホ役)

188㎝の高身長が目を引きますね。学生時代は現代舞踊を学び、大会で大賞を受賞するほどの実力でしたが、ケガでモデルに転身しました。俳優、モデルはもちろん演出から映画監督もこなすマルチ人間です。

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」のキャスト一 キム・ミギョン(チョ・ミョンジャ役)

1988年映画「恐怖の外人球団」でデビュー後、ドラマ出演は1999年と遅かったですが、これまでに45本のドラマ、14編の映画に出演しています。「ときめき成均館スキャンダル」ではパク・ミニョンの母役でしたね。

キム・ミギョンさんのインスタグラム写真 - (キム・ミギョンInstagram)「포포 안녕 ~  건강해야해 ❤❤❤」4月13日 4時20分 - kim_mee_kyung

画像出典  https://instagrammernews.com/

韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」まとめ

最後に韓国ドラマ「ヒーラー~最高の恋人~」をまとめると・・・

配役がいいですね。主役を取り巻く人々からやくざの下っ端に至るまで、細部にわたってハマっています。脚本も素晴らしいし、ストーリー運びも納得いくものでした。

ジョンフが最終話で、自分をビデオに録るシーンは泣けましたね。今まで人を信じることができず、「自分は”ヒーラー”として貯めたお金でを太平洋の無人島を買うつもりだった。しかし、たった一人の女性が自分を変えたその人と普通に暮らしていきたいということが自分の目標になったという場面です。

泣けるといえば、ムンシクの妻だったミョンヒがムンシクのもとを去りヨンシン(ジアン)の養父チスを訪ねる場面。ミョンヒはヨンシン(ジアン)の小さい頃の写真を見ながら、胸がいっぱいになって涙しながら話を聞いています。しかし、養父チスには最後まで自分が実母だと告げなかったのです。

見ているこちらも胸がいっぱいになりました。

ムンシクもまたミョンヒを愛するあまり、多くの過ちを犯したのですが・・・

このドラマでは、ジョンフとヨンシンのロマンチックなキスシーンなども話題となりましたね。”目隠しキス”、”雪華キス”などと呼ばれていたようです。

見どころいっぱいの韓国ドラマ「ヒーラー」を観て、あなたも是非この感動を味わってください!!



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です