タクシー運転手(韓国映画)のネタバレあらすじと感想は?実話との違いとキャスト一覧は?

タクシー運転手(韓国映画)のネタバレ
スポンサードリンク

韓国映画「タクシー運転手~約束は海を越えて」のネタバレやあらすじを紹介いたします。

実話が元になっているとのことですが、実話との違いはどこなのか?
キャスト一覧も含めて最後までご覧下さい。

スポンサードリンク

韓国映画「タクシー運転手」のネタバレ(あらすじ)は?

早速、韓国映画「タクシー運転手」の概要とネタバレ(あらすじ)を紹介しますね

作品名(邦題)タクシー運転手 約束は海を越えて
原題(韓国)タクシー運転手
택시운전사
公開日韓国公開日
2017年8月2日
日本公開日
2018年4月21日
監督チャン・フン
上映時間137分

1980年5月に光州で起きた光州事件を基に作られた映画。
ドイツマスコミの日本駐在記者であったユルゲン・ヒンツピーター(トーマス・クレッチマン)。韓国の各地で自由化を求めるデモが相次ぎ、光州では軍部による制圧で無実の市民が殺されるという事態が起こっていると東京で聞いたピーター。

取材のためにソウルから光州までタクシーで向かおうとしていた。
ソウルから光州まで往復で10万ウォン。「楽勝な仕事」だと思い、仕事をとったのが、マンソプ(ソン・ガンホ)。一人娘を抱え、家賃も滞納していたことからピーターを光州まで送る。

韓国各地でデモは行われていたが、マンソプは暇な学生達が行うものだと認識していた。
しかし、光州に到着すると認識と違う光景が広がり唖然とするマンソプ

【光州事件とは朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領が暗殺された後の混乱期に1980年に光州で起きた事件の事。市民デモ隊と軍が衝突し、市民164人、軍人23人、警察4人が死亡した事件。】

ピーターは手持ちのカメラで光州の様子を撮影するが、軍に「外国人記者がいる」とマークされ危険が身に迫る。
マンソプは一般の市民が軍により制圧されている様子を見て、娘のことが頭をよぎり光州から逃げようとする。

参考サイト
http://klockworx-asia.com/taxi-driver/

しかし、光州に戻ることにしたマンソプ。一日たって戻るとそこにはさらに悲惨さを増した光州の姿があった。
情報統制されていた韓国では、この現状を知ることができない。ピーターにありのままを撮影し、世界に発信しろと檄を飛ばすのです。

光州のタクシー運転手たちに助けられながら、脱出した二人。

ピーターとマンソプの間には深い親交ができており、空港でピーターは必ず韓国に戻ってくるから連絡先を教えてくれと伝える。

マンソプは名前だけを伝える。

ピーターはこの報道で賞を受賞します。その受賞スピーチでマンソプのことを話し、そしてその受賞を新聞で知るマンソプ。記事を読んだマンソプは、「あなたの顔をこうやって見れるだけでも懐かしくて嬉しいよ。」と独り言をつぶやきます。

ピーターはその後もマンソプを探し続けますが、結局見つけられずに終わります


それではここからは韓国映画「タクシー運転手」の私の感想をお伝えしますね。

スポンサードリンク

韓国映画「タクシー運転手」の感想は?

こちらが韓国映画「タクシー運転手」を見た私の感想となります

1980年の光州事件を詳しく知らないままこの映画を観ましたが、事件が普通の一般市民の観点から描かれているのでとても入り込んで見ることができました。

タクシー運転手であるマンソプの娘を大切にしていて、光州の現場に入ってからも現実に起きていることも大変なことだが娘が大事だとソウルに戻ろうとするところなどは、一般市民が思う当たり前の感情でしょう。

報道統制されていたために、現実を知らなかったマンソプが光州に住む人達と交流していく中で気持ちが変わり、自分の役割を果たしてく過程は俳優ソン・ガンホの存在が大きく引き立っていました。

最後には、タクシーやバスを総動員してピーターの脱出を助ける場面では圧巻のシーンでした。


さて、この映画「タクシー運転手」は実話にもどづいたものですが、実話とはどんな違いがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

韓国映画「タクシー運転手」の実話との違いは?

韓国映画「タクシー運転手」の実話との違いですが、実際のマンソプは一般のタクシードライバーではなく、ホテル専属契約している主に外国人を対応するタクシー運転手だったのこと。

実際のドイツ人記者のピーターが、タクシー協会等で探しても見つからなかったのは、そういった経緯があったそうです。

そして、映画ではマンソプは娘を養っていましたが、実際は息子だったとのこと。
映画の公開後息子さんが「自分の父親だ」と名乗り出ました。

また、取材したペーターは一人で韓国に入国していましたが、実際は録音担当記者のヘーニングと一緒に入国していたようです。

ここで、韓国映画「タクシー運転手」のキャスト一覧を紹介しますね。

スポンサードリンク

韓国映画「タクシー運転手」のキャスト一覧は?

韓国映画「タクシー運転手」のキャスト一覧はこちらになります。

韓国映画「タクシー運転手」のキャスト一覧 ソン・ガンホ(キム・マンソプ役)

ソン・ガンホ  1967年1月17日生まれ 180cm                          
91年演劇「童僧」でデビュー。
映画デビュー後は「JSA」「シュリ」「殺人の追憶」など沢山作品に出演。19年に「パラサイト 半地下の家族」でロサンゼルス映画批評家協会賞 助演男優賞等も受賞しています。

トーマス・グレッチマン(ユルゲン・ヒーツピーター役)

トーマス・グレッチマン  1962年9月8日生まれ 183cm
東ドイツ出身
東ドイツで生まれ、水泳選手としてオリンピック候補になった。しかし、出場前4か国を徒歩で経由し西ドイツに亡命している。その後、1989年に映画初出演。2002年には「戦場のピアニスト」でドイツ将校の役など多数の作品に出演している。

ユ・へジン(ファン・テスル役)

ユ・へジン  1970年1月4日生まれ  174㎝
1997年映画「ブラックジャック」でデビュー。
2014年には映画「パイレーツ」で大鐘賞 主演男優賞を受賞。この他にも数々の映画賞で助演男優賞を獲得している。 名バイプレーヤー。

リュ・ジャンヨル(ク・ジェシク役)

リュ・ジャンヨル  1986年9月25日生まれ  182cm
2014年 短編映画「ミッドナイトサン」でデビュー。2015年に長編映画「ソーシャルフォビア」で注目を集め次世代スターの誕生と言われる。ドラマでも活躍しており。2015年tvN「恋のスケッチ~応答せよ1988」では様々な賞を獲得している。

韓国映画「タクシー運転手」まとめ

韓国映画「タクシー運転手」は実在の話を基に作られいますが、最初のシーンではコミカルな場面も数多くあります。ソン・ガンホさんだけではなく、脇を固めるキャストの方々のキャラクターも引き立ち笑いも生まれるのかと思います。

光州事件はとても酷で、辛いものですがどのようなものだったのか。と興味、関心を持つことだけでも映画の意味を叶えること事ができるのではと考えています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です