スタートアップの5話のネタバレ(筆跡でバレる?)と感想は?アレックスは誰で出演ドラマは?

スタートアップ(韓国ドラマ)の12話のネタバレ
スポンサードリンク

スタートアップ5話はサンドボックス2次ハッカソンで、ダルミがチームと事業を構想し、サンドボックスに合格するか否かで関する話を込めました。


それでは今から韓国ドラマスタートアップ5話のあらすじとネタバレ(筆跡でバレる?)、視聴後の感想を書いてみました。

続いて、アレックス役を演じたチョ・テグァンの年齢を含んだプロフィールと出演ドラマをまとめてみたのでご覧ください。

スポンサードリンク

スタートアップの各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地
動画視聴法

韓国ドラマ「スタートアップ」の5話のあらすじ(ネタバレ)は?

ではまず、韓国ドラマ「スタートアップ」の概要と5話のあらすじ(ネタバレ)を紹介しますね。

作品名(邦題)スタートアップ
原題(韓国)start up
스타트 업
韓国放送日2020年10月17日
韓国放送局tvN
話数16話

ドサン(ナム·ジュヒョク)は前日ダルミ(ベ·スジ)から聞いた言葉をずっと気にしていました。

先日ドサンはダルミに「どうして自分が好きなのか」聞いてみました。

その時、ダルミはいろいろ理由を言いますが、その中でドサンにまつわる話は手が大きくて格好いいというだけでした。

その他のことはすべてドサンではなく、ジピョン(キム・ソンホ)に該当する話でした。

ダルミはウォンドク(キム·ヘスク)に、姉のインジェに比べてはるかに劣る自分を選んでくれたドサンのことを自慢します。

そして、姉さん(インジェ)に勝ちたくて始めたけど、欲が出てきた、と。

ドサンもダルミへの愛情を慎重に表します。

ジピョンはひょっとしてダルミに今までついた嘘がばれたのではないかと心配して、ドサンにダルミの反応を尋ねます。

ドサンはジピョンに“ダルミが怒ってもいなかったし、がっかりせず、むしろ好きだった”と言います。

ジピョンは予想とは違うダルミの反応を聞いて混乱します。

ダルミはコンテストの現場でスペックが優れた開発者を求めてあちこちを探し回っている途中、チョン・サハ(ステファニーリ)を発見しました。

ダルミはサハにひざまずきながら、サムサンテックに入ってきてほしいとお願いします。

サハはひざまずいて頼むダルミになぜ自分を選んだのか尋ねます。

その後、ダルミはサハを見ながら微笑みます。

しばらくしてから、サハはサムサンテックのチームメンバーとして入ってきます。

そうして2泊3日の日程のハッカソンが始まります。

SHベンチャーキャピタル代表のユン·ソンハク(ソ·イスク)は最初のミッションを公開します。

ソンハクは“制限された時間にどれほど実現可能な事業を作り出すか、その事業を3分プレゼンでどれだけ説得するかが選抜基準”だと説明しました。

サムサンテックはダルミの考えに従ってマシンラーニングを利用した筆跡偽造鑑定プログラムをアイテムとします。

そして、サムサンテックの会議内容を盗み聞きしたインジェカンパニーの開発者、シン·ジョン(チュ·ボヨン)はインジェにサムサンテックと同じアイテムで対決してみようと提案します。

結局、インジェカンパニーはサムサンテックと同じアイテムでライバル構図を形成します。

インジェカンパニーがまず開発に成功します。

しかし、サムサンテックは引き続きエラーが発生して孤軍奮闘します。

その時、ダルミが新しい方法を提案します。

ダルミの話を聞いたサムサンテックのチーム員たちは、ネットワーク全体の変更を決心し、夜通しプログラムを完成させます。

一方、アレックス(チョ·テグァン)はドサンに会うためにドサンが住んでいる町に行って、そこでドサンの両親に会います。

アレックスはドサンの両親を通じてドサンがサンドボックスに参加したという事実を知ることになります。

ウォンドクはダルミにおやつを渡すためにサンドボックスに行きます。

ウォンドクはそこでインジェとダルミの実母アヒョン(ソン・ソンミ)と出会います。

アヒョンはウォンドクに今までの安否を聞いてみます。

ジピョンはウォンドクを見て話しかけようとする途中、アヒョンとウォンドクの会話を聞きます。

ウォンドクはダルミが高卒である理由が、大学の授業料が足りなくて行けなかったと話しました。

ダルミの事情を聞いたジピョンはダルミが大学に行けなかったことが自分のせいだと思って申し訳ないと思います。

その後、ジピョンはダルミが完璧なスピーチをできるようにアドバイスしてあげます。

また、ジピョンは高卒のダルミがスピーチをすることに不安を感じているヨンサン(キム·ドワン)、チョルサン(ユ·スビン)に、もし今回のミッションで脱落しても、個人的にサムサンテックに投資することを約束しながら、彼らを説得します。

https://blog.naver.com/yejin2543/222132213983

ヨンサンとチョルサンの心配事とは裏腹に、ダルミは完璧なスピーチを披露し、現場にいる関係者の心を掴みました。

続いてインジェカンパニーではインジェがスピーチを担当し、進行します。

この時、インジェのお父さんウォン·ドゥジョン(オム·ヒョソプ)はサムサンテックが開発したプログラムで、インジェカンパニーが準備したフォントを感知できるかどうか確認してみようと提案します。

ダルミはドゥジョンの提案を受け入れ、舞台に上がってAIを活用します。

だが、予想とは違う結果が出ます。

インジェカンパニーがサムサンテックアルゴリズムを無力化させたのです。

今回のことでサムサンテックのチーム員たちはみんな悔しがります。

そうしてハッカソンは終了し、審査が始まります。

全てのチームの点数がほぼ同一の状況で審査に参加したアレックスの選択で合格チームが決定するという状況です。

アレックスはサムサンテックを選択し、サムサンテックはサンドボックスに入ることになります。

https://blog.naver.com/curina1234/222131536425

ダルミはジピョンに”これまでご苦労いただきありがとう”と言い、「結果が良くなくて申し訳ない」と謝ります。

そして、ダルミは「ドサンが嘘をついたのは理解できますが、どうしてハンチーム長はなぜ嘘までつきながら自分たちを助けたの」と尋ねます。

ジピョンは返事をためらいます。

その時、ドサンが現れます。

ドサンはダルミにサンドボックスに合格したことを知らせます。

ドサンの話を聞いたダルミは喜びを隠せず、ドサンとハグをします。 ジピョンは二人の姿を眺めて席を離れます。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「スタートアップ」の5話の感想は?

こちらが韓国ドラマ「スタートアップ」の5話の感想になります。

 5話ではドサンの性格をよく見せてくれました。

その中で一番記憶に残る場面はミッション中にインジェカンパニーとの対決後に敗北したドサンがボールペンを折る場面でした。

これまでのドサンは勝つことより負けた方が気楽だと思っていた人で、周りの人にいつも譲歩する人でした。

しかし、今度のミッションを通じてドサンは ceoとして素晴らしい活躍をしているダルミを見ながら内心不安を感じたようです。

負けることが常に楽だったドサンはこれまで味わったことのない成果に対して苛立ちを感じたのです。

そのような意味で、インジェカンパニーが作った新しいフォントをサムサンテックのシステムで偽造鑑定してみたのは、大きな冒険でありチャンスでした。

しかし、サムサンテックのアルゴリズムはインジェカンパニーのフォントをきちんと鑑定することができませんでした。

ドサンがボールペンを折る行動は単純に自分の怒りを抑えることができなかったための行動ではなく、ドサンの内面的な変化を示す場面だと思いました。

6話が気になっている方も多いと思いますが、どんな展開になるのでしょうか?

スポンサードリンク

韓国ドラマ「スタートアップ」の6話のあらすじ予想は?

韓国ドラマ「スタートアップ」の6話ですがドサンとジピョンがついた嘘によって、ダルミは二人に対して少しずつ疑問を持ち始めます。

一方、サムサンテックとインジェカンパニーはついにサンドボックスに入ります。

快適なオフィスと様々なメリットに喜ぶのもつかの間、サムサンテックチームは持分問題でぶつかることになります・・・


さて、韓国ドラマ「スタートアップ」でドサンの支援者ともいうべき人物アレックスですが、誰が演じているのでしょうか?その経歴と出演ドラマをチェックしてみますね。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「スタートアップ」のアレックスは誰で出演ドラマは?

アレックスを演じてるチョ・テグァンですが、まずはそのチョ・テグァンのプロフィールから見てみたいと思います。

名前チョ・テグァン(조태관)
本名Cho Jasper Tae kwan
生年月日1986年2月12日(西暦)
年齢34歳(2020.11.01時)
出身地ソウル特別市
身長・血液型181cm・B型
デビュー作ドラマ『太陽の末裔』

『スタートアップ』でツーストディレクターアレックス役を演じたチョ·テグァン。

チョ·テグァンは2014年『スーパースターK6』に出演し、韓国で初めて顔を知らせました。

当時の俳優チェ·スジョンの甥として知られ、多くの注目を浴びたそうです。


その後、チョ·テグァンはソン·ジュンギ、ソン·ヘギョが出演したドラマ『太陽の末裔』で、ソン·ヘギョの同僚医師で整備士ダニエル·スペンサー役を演じました。

そして、ドラマ以前は『サウンドオブミュージック』、『真夏の夜のクリスマス』、『エビータ』などミュージカル俳優としても活動していたそうです。


チョ·テグァンの異国的な外見を見て、ハーフだという噂もありましたが、家族関係を確認した結果、ハーフではありませんでした。


今後俳優チョ·テグァンがどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!

こちらにはチョテグァンが今まで出演した作品をまとめてみました。

【ドラマ】

2016年『太陽の末裔』
2017年『死んでこそ生きる男』
2018年『私の後ろにテリウス』

【映画】

2019年『死者』

チョ・テグァンのインスタのアカウントはこちらですのでフォローしておいて下さいね。

この投稿をInstagramで見る

기록시계고마워🤎 우리3🤍

조태관 \ Jasper TaeKwan Cho(@jasperrrrr)がシェアした投稿 –

スタートアップの各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地
動画視聴法

韓国ドラマ「スタートアップ」の5話まとめ

アレックスがサムサンテックを選んだことで、サムサンテックもサンドボックスに入りましたね。

アレックスはドサンのどのような部分を注意深く見ているのでしょうか?

また、アレックスがこれからサムサンテックにどんな助けを与えるのか気になります。

そしてこれからダルミが成長していく姿とその過程でドサンとどんな進展があるか楽しみです。

ついにサンドボックスに入ることになったサムサンテック、彼らの成功を応援しましょう!

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です