青春の記録の6話のネタバレ(キスシーン)と感想は?チョユジョン(ヘナ)のプロフィールと出演ドラマは?

青春の記録(韓国ドラマ)の16話(最終回)ネタバレ
スポンサードリンク

5話ではヘジュンがジョンハに告白をして話が終わりましたよね?
雨が降る場面とと背景までとてもよく似合ってまだそのシーンが記憶に残ります。

早速、韓国ドラマ「青春の記録」6話のあらすじ(ネタバレ含み),視聴後の感想を書いてみます。

またヘナ役を演じた俳優チョユジョンさんのプロフィールと年齢,出演ドラマを紹介しますね。

スポンサードリンク

青春の記録の各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地

韓国ドラマ「青春の記録」の6話のあらすじ(ネタバレ)は?

ではまず、韓国ドラマ「青春の記録」の概要と6話のあらすじ(ネタバレ)を紹介しますね。

作品名(邦題)青春の記録
原題(韓国)青春記録
청춘기록
韓国放送日2020.09.07
韓国放送局tvN
話数16話

ジョンハ(パク·ソダム)に告白したヘジュン(パク·ボゴム)

ジョンハはどう答えていいかわからず、ヘジュンに傘を貸してあげると言って二人はジョンハの家に向かいます。


ヘジュンはジョンハの家に入って濡れた髪と服を乾かし、家にある絵を見つけます。

ジョンハはヘジュンにお父さんが自分を描いてくれた絵だと言って両親が離婚し、お母さんが他の男性と再婚したことを話します。

そして「親が離婚したら大変なことって何か知ってる?」と尋ねます。

へジュンが“知らない”と言うと、ジョンハは「まだそんなに親しいわけでもないから答えは易しく教えない」と話します。

これを聞いたへジュンは、「それは私の告白に対する答えだと思えばいいの? 告白したじゃん、さっき」と聞き返しました。

ジョンハはヘジュンとの現在の関係が良いからこれ以上発展しないでほしいと思いましたが、ヘジュンの心を受け入れて二人は付き合うようになりました。

そしてジョンハはへジュンのおじいさんミンギ(ハン·ジンヒ)のポートフォリオ撮影の時、メイクをしてあげると約束します。

ヘジュンがジョンハと別れて家に帰る途中ミンジェマネージャー(シン·ドンミ)から連絡を受けて会いに行きます。

ミンジェマネージャーは、ヘジュンが怪我をしたことを見て心配し、ドラマにキャスティングされた事実を知らせます。


翌朝ヘヒョ(ビョン·ウソク)はジョンハにあげる花束を買って、美容室に向かいます。


出勤したジョンハはデザイナーに昇進したことを聞きます。そして、ちょうどその時訪ねてきたヘヒョにも知らせます。


ヘヒョはジョンハに花束をあげて、デザイナーになったなったお祝いの意味で一緒に夕食を食べようと言います。

だが、ジョンハは今日はポートフォリオ撮影するへジュンのおじいさんのメーキャップをしてあげる約束をしたと言い、へジュンと付き合うことにしたと話します。


ジョンハの話を聞いたヘヒョの表情は少し硬くなりましたが、ジョンハは全然気づいてない様子でした。


へジュンが働くサンドイッチ屋に来たジヌ(クォン·スヒョン)

へジュンはジヌからドハ(キム·ゴンウ)がファン暴行論争に巻き込まれたことを聞きます。

その件で、現在撮影中の映画に問題はないかミンジェマネージャーに聞いてみるようにします。

へジュンは自分のことを心配してくれるジヌにミニシリーズのドラマにキャスティングされたことを知らせます。

ジヌは自分のことのように喜びます。


ミンジェマネージャーユン監督からとんでもないことを聞きます。

前の事務所の代表だったテス(イ·チャンフン)がユン監督にへジュンがテスを裏切ってミンジェのところに行ったという話を聞いたと話します。

ミンジェマネージャーは“絶対違う”と言いますが、ミンジェの話は聞かず今回のキャスチンはなかったことになりました。

ミンジェマネージャーはユン監督との電話を切って、テスに電話をかけるがテスは電話に出ません。

ミンジェはトップスタードハを従えてる所属事務所の理事になったテスがヘジュンを妨害しようとしているという事実を知ります。


ミンジェは腹を立ててテスに会いに行きます。

テスはミンジェにこれからも自分を捨てたへジュンとミンジェの邪魔していじめると言ってその場を後にします。

ミンジェマネージャーはテスにやられた自分が情けないながらも、ドラマにキャスティングされて喜ぶヘジュンと周りの人々にどう話せばいいのか分からなくて涙を流します。


一方、ヘジュンの配慮でミンギがシニアモデルに挑戦することになりました。

ジヌは撮影を担当して、ジョンハはメーキャップをやってくれます。


撮影後の打ち上げパーティーでミンギは、「今日、撮影を手伝ってくれた3人にありがとうと言い、皆さんからあまりにも多くのことを学んだと話します。

こして、ジヌはヘジュンがミニシリーズのドラマキャスティングされたことを知らせます。

その話を聞いて皆お祝いしてくれます。


家に帰り道、へジュンはジョンハを車で送ります。

ジョンハは「今、私たちが一緒にいるのも現実なのか分からない」と言って、ときめく感情を告白します。

そして、ジョンハは“写真撮ってもいい? 今を記録したい”と聞きます。

すると、へジュンはポーズを取ります。

ヘジュンはジョンハに「現実だということをはっきり感じさせてやると」言い、「私たち明日映画見に行く?」と話します。

次の日の朝

ジョンハとヘジンは初めて映画館デートを楽しみます。

デートを終えたヘジュンはジョンハと別れて、ジヌに会い、完成したポートフォリオを受け取って家に帰ります。

そして、部屋にいるミンギに渡します。

ポートフォリオを見たミンギは、家族に気づかれないように引き出しの中に隠しておきます。


エスク(ハヒラ)は前日ミンギからヘジュンがドラマにキャスティングされたことを聞いて、おいしいおかずを準備しておきます。

キョンジュンは、へジュンにどのドラマにキャスティングされたか聞いてみるが、へジュンは「まだ詳しい話は聞いていない」と答えます。

エスクはへジュンに”後でキャスティングされたドラマの監督と作家について詳しく教えてほしい”と言います。


食事を終えたヘジュンはミンジェマネージャーに電話をかけてみるが電話に出ません。



翌朝ヘジュンはミンジェマネージャーの家を訪ねます。

ミンジェマネージャーはヘジュンにテスのせいで、ドラマのキャスティングがダメになったことを伝えて申し訳ないと話します。

そして、“私を解雇して。考えてみたら、私はマネージャーの資格がない”と言います。

そんなミンジェにへジュンは“最初からテスと関連があったことを知ったら止めたはずだと話します。

へジュンはミンジェを慰めてあげて、問題を回避するのは良くないと言ってくれます。


出勤したエスクはヘヒョのお母さんイヨン(シン・エラ)にへジュンがドラマキャスティングされたことを知らせる。

だが、イヨンが調べた結果へジュンがそのドラマにキャスティングされたことがないという返事を聞きます。


一方、シニアモデルになるため必死に練習していたミンギが過労で倒れました。

ヨンナムはミンギが入院するかもしれないという話を聞いて、ミンギの荷物をまとめるために入った部屋でミンギのアカデミー会員証とポートフォリオを発見します。



その時、へジュンが家に帰ってきます。

ヨンナムはへジュンにミンギのポートフォリオを見せながら、「これはいったいなんだ」と聞きます。

へジュンは”おじいさんがやりたがったのでやらしてあげた”と答えます。



すると、ヨンナムは「どうしておじいさんの言うことを聞くんだ。 仕事を探してもお前のようなことばかりする。 お前はいつも現実性がない」と怒ります。

ちゃんと話を聞かずに問い詰める父親を見て、ヘジュンも爆発しました。

へジュンは「家庭の事情で兄と自分の2人とも大学に進学できないことを知って大学を諦めたことを言って、これでも現実性がないのか」と言います。

ヨンナムは口答えするヘジュンを見て、一瞬怒ってヘジュンの頬を叩きます。


お父さんと喧嘩した後、へジュンは一人で車の中で泣きます。

その時ジョンハからの電話を出て、会いに行きます。


ヘジュンとジョンハは一緒に散歩をして公園にあったピアノを見て腰掛けます。

ヘジュンはジョンハのためにピアノを弾きながら歌を歌ってくれます。

へジュンのゆううつだった気持ちはジョンハに会い、一緒に時間を送ることで気持ち良くなりました。


へジュンのピアノ演奏が終わると、二人はお互いの目を見つめながらキスをします。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」の6話の感想は?

こちらが韓国ドラマ「青春の記録」の6話の感想になります。

遅い年齢でも何かをしようと努力するミンギの姿を見てすごいと思いました。

そしてそんなおじいさんを見て、そばで助けてくれるヘジュンがとても頼もしく感じました。

しかし、家族はみんなへジュンのような考えを持っていなかったんです。

特にヨンナムは、ミンギが遅い年に何か新しいことをしようとする姿を見て不安がって引き止めましたが、それを見て複雑な気持ちになりました。

7話が気になっている方も多いと思いますが、どんな展開になるのでしょうか?

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」の7話のあらすじ予想は?

韓国ドラマ「青春の記録」の7話ですが

ヘジュンとジョンハは親しくなり本格的に甘い恋愛が始まります。

そして、ミンジェはヘジュンの新しいドラマのオーディションを受けるために努力します。

一方、ジヌはヘナとの冷戦関係をうまく解決しようとロースクールを訪れたが、そこでヘジュンの昔の恋人であったジアと出会うことになるが…。


ここで、へヒョの妹役ヘナを演じているのは誰?と気になっている方もいるかと思いますので、ヘナ役の女優チョユジョンについて紹介しますね。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」のチョユジョン(ヘナ役)のプロフィール(年齢)と出演ドラマは?

ヘナを演じてるチョユジョンのプロフィールから見てみたいと思います。

名前チョユジョン(조유정)
本名チョユジョン(조유정)
生年月日1999.09.17(西暦)
年齢21歳(2020.09.24時)
出身地まだ情報なし
身長・血液型まだ情報なし
デビュー作ドラマ『三十ですが十七です』

チョ·ユジョンは学生時代、背は高くて顔が小さくて、ただ歩いただけでモデルワーキングをしているように見えたと言います。

チョ·ユジョンが在学していた学校で趣味で観想を勉強する数学の先生がいましたが、チョ·ユジョンを見て芸能人になりそうなルックスだと話したことがありました。

その当時、チョ·ユジョンは実際に演技アカデミーに通っていたそうです。

チョ·ユジョンは2018年ドラマ『三十ですが 17歳です』でユ・チャン の自称彼女で天才少女のイ・リアン役でデビューしました。

当時可愛くて魅力ある姿を見せて強烈な印象を残してくれました。

ドラマ

2018年 『30だけど17です』
2019年 『君の歌を聴かせて』
2019年 『愛はビューティフル、人生はワンダフル』
2019年 『恋するアプリ』

チョ·ユジョンはまだ助演として出演していますが、ロマンチックコメディージャンルがしたくてロールモデルとして俳優コン·ヒョジンを選んだそうです。

中学校の時にダンスサークルをするほど活発な性格を持っているチョ·ユジョンは芸能番組『ランニングマン』に出演してみたいし、ダンス申告式も怖くないと明らかにしました。

それほど高い身長ですらりとした体つきが目立ちますね。

これからも良い演技力で活発に活動を続ける俳優チョ·ユジョンになることを応援します。

チョユジョンのインスタのアカウントはこちらですのでフォローしておいて下さいね。

青春の記録の各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地

韓国ドラマ「青春の記録」の6話まとめ

『青春の記録』6話ではジョンハがヘジュンの告白を受けて付き合い始めてから二人の親しい姿をたくさん見ることができました。

また、最後の場面ではジョンハとヘジュンの初キスシーンがありましたよね!

一方、ヘヒョもジョンハが好きなようですが、ヘヒョはジョンハに自分の気持ちを伝えることができるでしょうか?

そしてテスにやられたミンジェマネージャーとヘジュンがこれからどのように芸能界生活を続けていくのか次の話が気になりますね。

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です