青春の記録(韓国ドラマ)の4話のネタバレと感想は?クォンスヒョン(ジヌ)のプロフィールと出演ドラマは?

青春の記録(韓国ドラマ)の16話(最終回)ネタバレ
スポンサードリンク

3話でヘジュンは悩んだ末、入隊を延期して映画出演を決心します。そして、そのことを両親に伝えるのですが、やはり父の反対がひどかったのです。

このままへジュンは俳優という夢から遠ざかるようになるんでしょうか?

今回は韓国ドラマ青春の記録4話のあらすじ(ネタバレ含み)、視聴後の感想を書いてみます。

そして、キムジヌ役を演じた俳優クォンスヒョンさんの出演ドラマ及びプロフィールを紹介しようと思います。

スポンサードリンク

青春の記録の各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地

韓国ドラマ「青春の記録」の4話のあらすじ(ネタバレ)は?

ではまず、韓国ドラマ「青春の記録」の概要と4話のあらすじ(ネタバレ)を紹介しますね。

作品名(邦題)青春の記録
原題(韓国)青春記録
청춘기록
韓国放送日2020.09.07
韓国放送局tvN
話数16話

へジュンのお母さんエスク(ハ·ヒラ)はヘジュン(パク·ボゴム)に”部屋に入っていなさい”と言い、夫ヨンナムと話を交わす。

ヨンナム(パク・スヨン)は、ヘジュンが一生お金が稼げないか心配しているんですが、エスクは「それでも親だから子を信じてあげなければならない」と言います。

ヨンナムは“後で私を恨むな”と言います。

結局、二人はへジュンがやりたいことができるようにしてあげようと言います。

へジュンは夜遅くまで台本の練習をしています。

この時、エスクは台本練習しているヘジュンをみて、ヘジュンは自分の肩を持ってくれたお母さんに感謝の気持ちを表します。

翌朝

ジョンハ(パク·ソダム)は先日ヘジュンにヘジュンのファンだと告白したが、何の反応もなくて、自分が嘘をついて気分を害したのではないかと心配します。

そして、ジョンハは誤ってヘジュンに電話をかけることになります。

ジョンハの電話にでたヘジュンは「昨日できなかった話を交わすために会おうよ」と言います。

へジュンは新しく何かを始めたいと言った祖父ミンギ(ハン·ジンヒ)にアカデミーを加入しておいたと伝えます。

ミンギは、へジュンにすまない気持ちを抱きながらも、内心喜んでいる様子でした。

以後、ヘジュンはマネージャーミンジエ(シン·ドンミ)を訪ねて映画出演の意思を伝えます。

ミンジエは、へジュンの決定に喜びました。

それで、ヘジュンはチャンポン企画会社と契約をするようになりました。

ヘヒョのお母さんイヨン(シン·エラ)とヘヒョ(ビョン·ウソク)はショップに来てジョンハを探し、チンジュ(チョ·ジスン)はジョンハが休みだという事実を知らせます。

ヘヒョはジョンハではなく、チンジュがメーキャップをしてくれることを望んでいない様子でした。

イヨンはチンジュにしばらく席を外してほしいとお願いします。

そして、イヨンはジョンハにメーキャップをしてもらおうと固執するヘヒョに”ジョンハが好きなの?”と聞きます。

これに対してヘヒョは「デザイナーとして好きだ」と答えました。

一方、ジョンハはバスキングで人々にメイクをしていて中にチンジュの電話に出ます。

チンジュはジョンハに今日ステップたちの教育があるから参加するように伝えます。

ジョンハは「今日は休みだから、前日に知らせるべきだったのではないの」と言い、「今日約束がある」と言って電話を切ります。

へジュンはミンジエとマネジメントの方向性について話し合います。

へジュンは”他の人と競争するのが嫌いだ”と言って、”自分と争って勝つ”と言います。

だが、ミンジエは「喧嘩は他人としなければならないことだ}と言って野望のないヘジュンにサッカー動画を送ってくれます。

サッカーでゴールを決める映像を見ながら野望を育めということでした。

その晩、へジュンはジョンハと会って一緒にご飯を食べに行きます。

ジョンハはヘジュンに「ヘジュンのファンであることを明らかにしたことで気持ちが楽になった」と言い、「これまで嘘をついたことにプレッシャーがあった」と話しました。

こうやってジョンハは今まで我慢してきた自分の感情をヘジュンに心安く表現します。

2人は夕食を食べて2次会でお酒を飲みに行きます。

そこで、ジョンハはヘジュンに「かっこいい外見に知的能力まで備えている」と褒めてくれます。

そして、“へジュンに会ったら、本当にありがとうと言いたかった”と言いました。

ジョンハの話を聞いたへジュンは「私が誰かの役に立つ人だったことが嬉しい」と話しました。

家に帰るジョンハとへジュン

ジョンはチンジュから電話が来たが出ません。

ヘジュンはジョンハに「どうして電話に出ないのか」と尋ねます。

そして、ジョンは“顧客が好きで自分を指名することなのに、その事で毎回チンジュがいじめてる”と話をします。

ヘジュンはジョンハを慰めてあげます。

家の前に着いたミンギ

エスクはミンギが遅い時間まで帰ってこないので心配します。

ヨンナムとキョンジュンは、へジュンと祖父がいなくて楽だと言います。

家に入ったミンギは、家族に「何か始めてみようと思う」と話します。

すると、ヨンナムはその話を聞くや否や、“もう何も考えるな”ときっぱり言いました。

ギョンジュンも「祖父の年を考えて休め」と話しました。

ミンギは自分が何かしようとすることを家族が嫌がって落ち込みます。

バスから降りたジョンとへジュンは急に雨がふってきて雨にぬれながら走りました。

そして、コンビニの前で雨止をします。

へジュンはジョンハに祖父にモデル学院登録してあげたと言います。

ジョンは「自分の説得が効いたの」と言い一緒に喜んでくれます。

話をしている途中でヘジュンはジョンハの長所の一つは認めるのが上手なことだと言います。

すると、ジョンハは「自分は今までどんな男も愛したことがない」と話します。

翌朝、ヘヒョはジヌ(クォン·スヒョン)から連絡を受けてヘジュンとジヌの居場所に向かいます。

ジヌは彼女のヘナ(チョ·ユジョン)に頼まれて子宮頸がんの注射を打つために病院に来ていました。

ジヌはヘヒョとヘジュンの名前でも受付をしておき、3人は一緒に注射を打って病院から出ます。

ヘヒョは二人にご飯を食べに行こうと誘うが、ヘジュンはミンジエに会うことにしたと言います。

ヘヒョは自分とヘジュンの関係が疎遠になっているような感じを受けて寂しがっています。

へジュンは本格的に仕事を始めるためにミンジエと会います。

へジュンはミンジエに”お互いの価値観が衝突したら自分に合わせてくれ”と頼みながら”自分は素朴なスターになりたい”と言います。

ヘジュンの確固たる考え方にミンジエはヘジュンの価値観を尊重することにします。

ヘジュンはスケジュールのためジョンハのショップに訪問してメーキャップを受けます。

へジュンはチンジュに困っているジョンハに「助けることないか」と聞くが、ジョンは「割り込まないで」と言います。

その時、ヘヒョもショップに来て, ジョンハがヘヒョの出張メーキャップをするようになったと伝えます。

そして、へジュンは映画の撮影をすることになりました。

ヘジュンは映画の主人公がパク·ドハ(キム·ゴンウ)だという事実を知ります。

ドハは以前、自分の控え室に元彼を入れたヘジュンの頬を殴ったことがありました。

ヘジュンとドハは今回の映画を通じてもう一度会うことになったんです。

映画の主人公であるドハは、暴力団のボスであるヘジュンに捕まって殴られる場面を撮ることになりました。

映画撮影が始まり、監督はヘジュンの演技を見て気に入り、ヘジュンが演じるキャラクターをもっと生かそうとしています。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」の4話の感想は?

こちらが韓国ドラマ「青春の記録」の4話の感想になります。

あれほどヘジュンが俳優になることに反対していた父親ヨンナムだったが、エスクの説得でこれ以上反対しないことにし、気が楽になりました。


しかし、祖父のミンギが遅い年にも何かをしようと試みてみようとしたが、不満に思う家族の反応が冷ややかに感じられました。

家族だから、もう少し暖かい心で応援してくれたらと思いました。

5話が気になっている方も多いと思いますが、どんな展開になるのでしょうか?

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」の5話のあらすじ予想は?

韓国ドラマ「青春の記録」の5話ですが

マネージャーのミンジェはヘジュンとジョンハの優しい姿を見て、この二人が付き合っているのではないかと疑います。


そして、へヒョウは へジュンが映画撮影する姿を見て今まで 自分が知っていたへジュンとは違うと思います。


ところで、キムジヌ役のクォンスヒョンですが、何のドラマに出てたの?
と気になった方もいるかと思いますので、クォンスヒョンの出演ドラマを、年齢、プロフィールとともに紹介しますね。

スポンサードリンク

韓国ドラマ「青春の記録」のクォンスヒョン(キムジヌ役)のプロフィールと出演ドラマは?

キムジヌを演じてるクォンスヒョンのプロフィールから見てみたいと思います。

名前クォンスヒョン(권수현)
本名クォンスヒョン(권수현)
生年月日1986年08月18日(西暦)
年齢34歳(2020.09.17時)
出身地全羅北道全州
身長182cm
デビュー作映画『私は公務員だ』

グォンスヒョンは俳優活動をする前にギタリストとして活動したことがあります。

高校時代にサークルを結成して音楽活動をしていたそうです。

卒業後もギターリストとして活動し続けました。


その後、クォン·スヒョンはギタリスト活動をしながら俳優活動も一緒にしました。

独立映画で俳優活動をして、その時、俳優の仕事に魅力を感じて転向しました。

2016年には映画「密偵」でソンギル役を演じ、第24回大韓民国文化演芸大賞映画部門男優新人賞を受賞しました。

それでは、グォンスヒョンの出演作品を紹介しますね。

映画

2011年 『私は公務員だ』
2016年 『密偵』
2016年 『女教師』

ドラマ

2002年 『空から降る一億の星』
2014年 『頑張れチャンミ!』
2015年 『上流社会』
2016年 『THE K2』
2017年 『推理の女王』
2018年 『トップマネジメント』
2018年 『ウラチャチャ My Love』

クォンスヒョンのインスタのアカウントはこちらですのでフォローしておいて下さいね。

https://www.instagram.com/p/CFJJtDphKMI/

青春の記録の各話のネタバレは以下からご覧ください。

1話 2話 3話
4話 5話 6話
7話 8話 9話
10話 11話 12話
13話 14話 15話
16話
(最終回)
キャスト
一覧
ロケ地

韓国ドラマ「青春の記録」の4話まとめ

4話では、ヘジュンとジョンハの仲がさらに近づいているのが感じられました。


そして、ヘジュンは映画出演を通じて、待ち望んでいた俳優という夢にもう一歩近づきました。

しかも映画監督がヘジュンの演技を見て高く評価してくれましたよね!

だれよりも必死に努力してるへジュンが俳優としてもっとおおきく成長できたらいいですね。

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です