殺人の追憶(韓国映画)のネタバレとラスト結末の考察は?感想とキャスト一覧と実話は犯人逮捕で解決!?

殺人の追憶(韓国映画)のあらすじとネタバレ
スポンサードリンク

『殺人の追憶』
殺人の追憶とはどんな韓国映画なのか。

映画.com 引用

ここでは実話を基にした韓国映画”殺人の追憶”の犯人逮捕までの流れ,ネタバレ,考察などをご紹介します。またよりこの映画を楽しんでもらうために私が見て感じた感想やキャスト一覧もご紹介します!!

さぁ、どんなラスト結末になったのでしょうか??

スポンサードリンク

韓国映画「殺人の追憶」のあらすじは?

○韓国映画「殺人の追憶」の概要とあらすじから紹介します。

作品名(邦題)殺人の追憶
原題(韓国)살인의 추억
韓国公開日2003.04.25
監督・脚本ポン・ジュノ
上映時間130分

1980年後半から1990年最初の頃、韓国 ソウル郊外のとある村で若い女性達の変死体が相次ぐ。地元警察の刑事”パク・トゥマン(ソンガンホ)”とソウル市警察から派遣された”ソ・テユン(キムサンギョン)”がこの殺人事件に調査で関わることに。。

ここからは「殺人の追憶」のネタバレとラスト結末の考察をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

韓国映画「殺人の追憶」のネタバレとラスト結末の考察は?

韓国映画「殺人の追憶」のラスト結末を考察してみました。ネタバレがありますので、未見の方は注意してください。

1986年、軍事政権下で国は大荒れしている中、とある小さな町で女性の変死体が見つかった。地元警察刑事たちは重要人物、重要証拠などが見つからないため、すぐの犯人逮捕に難航している中、また同一犯人による、同様手口で女性の変死体が見つかる。

今回2人目の事件で、犯人に浮上したのが

“グァンホ”だ。彼は知的障害あり、2番目に殺害された女性に対し、執心していたことから犯人にもっとも近い人物になってしまうのです。

そんな中、ソウル市警察から派遣された助っ人刑事”ソ・テユン刑事”がこの事件に合流した。

暴力的なパク・トゥマン刑事と違い、冷静なソ刑事は犯人に浮上していた知的障害のあるグァンホを取り調べするが、グァンホには手の麻痺があることから殺害をすることは難しいと判断、色んな調査をした上でグァンホは釈放..となりました。

また一から犯人探しをやり直す一方で、とある共通点があることに気づく。

・犯人は雨の日に起きている。
・事件が起きる日にはラジオから「憂鬱な手紙」という曲がリクエストされ、流れるという事。

難航な調査をしていく中、とある女子中学生と出会う。その中学生からの情報提供で殺されなかったけど、被害にあった女性という女性が現れるのです。彼女の証言によると“女性のような柔らかい手だったのが印象にある”と証言を掴む事が出来ました。

そんな中、5人目の殺人事件が起きた日

またもやラジオから憂鬱な手紙がリクエストされ、リクエストをした“パク・ヒョンギュ(パクヘイル)”という青年が疑われるのであった。被害女性の証言の”柔らかい手”とゆう部分がパク・ヒョンギュと一致したのです。

ただまだまだ犯人有力者とは言えません。

取り調べをしていく中で最初、犯人として疑われたグァンホの供述などを思い出し、殺してはいないが、現場を目撃していたのではないかと、パクトゥマン刑事とソテユン刑事はグァンホの元を訪ねるのでした。

容疑者の写真をグァンホに見せると、パニックを起こしたグァンホは怯えて線路に飛び出し、電車にひかれ、即死してしまうのです。そのため有力な情報は結局得れず、、

ですが、最後の被害者の遺体から犯人のものと思われる精液が見つかり、アメリカでDNA鑑定をしてもらうため送ります。

このDNAがヒョンギュのものと一致すれば逮捕まで寸前!!

なのですが、、そう思い通りにならず。

結果を待つ中、情報提供してくれた女子中学生が被害者になってしまうのです。いつも冷静なソ刑事は怒り、まだDNA鑑定待ちのヒョンギュを暴行し、拳銃を突きつけるのです。

その一方で、アメリカからDNA鑑定の結果が到着。急いでパク刑事が駆けつけ、ソ刑事とまさかの結果を見ることに。

“DNAが一致しないため、犯人の可能性は低い”

との文面を目の当たりにするのだ。

その隙に犯人として疑われていたヒョンギュは逃げてしまったのであった。

結局犯人が見つからないまま、時は過ぎ、、

警察官を辞めてセールスマンとなり、仕事の関係で最初の事件現場となる場所を久しぶりに訪れた。

犯人を逮捕出来ることなく、この映画は終わりを迎えました。


ここまでが韓国映画「殺人の追憶」のネタバレとなります。いかがでしょうか??

それでは韓国映画「殺人の追憶」を観た私の感想をお伝えします。

スポンサードリンク

韓国映画「殺人の追憶」の感想は?

韓国映画『殺人の追憶』を見た私の感想になります

今回この映画のポイントは”未解決事件"と言うところ。

私も正直3回はこの映画観ましたが、毎回悔しい気持ちになります。何回見ても犯人捕まらないのにー!!と正直モヤモヤが残ります。笑

でも!!実は2019年に30年越しに犯人が捕まったのです!その犯人がどのように生きて逮捕までに至ったかは後で紹介しますね。でもやっぱりサイコパスは最後までサイコパスなんですね..恐ろしい。


さて、次にこの韓国映画「殺人の追憶」のキャスト一覧を紹介致します!

スポンサードリンク

韓国映画「殺人の追憶」のキャスト一覧は?

○韓国映画「殺人の追憶」のキャスト一覧はこちらになります。

韓国映画「殺人の追憶」のキャスト ソンガンホ(パク・トゥマン役)

ソンガンホ  1967年1月17日生 180cm

代表作:タクシー運転手、渇き、パラサイト 半地下の家族などで活躍されてる有名俳優さん。演技の上手さに毎回、引き込まれてしまいます..!

韓国映画「殺人の追憶」のキャスト  キムサンギョン(ソ・テユン役)

news1引用

キムサンギョン 1972年6月1日生 183cm

代表作:光州5・18、悪魔は誰だ等に出演。今回の殺人の追憶でもクール冷静な刑事役がすごく合ってた気がしました!

韓国映画「殺人の追憶」のキャスト   パクノシク(ペク・グァンホ役)

パク・ノシク 1971年05月18日生 164cm

代表作:神のクイズ等に出演。障害者の役する人って本当に名演技ですよね!!最初は犯人にされちゃいましたけど..一体なにを見てしまったんだろ..笑

韓国映画「殺人の追憶」のキャスト  パクヘイル(パク・ヒョンギュ役)

パク・ヘイル  1977年1月26日生 177cm

代表作:グエムル等に出演。青年役、合ってたなー!と言う今回の印象でした!他の作品ではどんな役をされてるのか気になるので今度見てみたいと思います!

この韓国映画「殺人の追憶」ですが、実話を元にした映画です。そのモデルとなった華城連続殺人事件は犯人逮捕されたのでしょうか?

韓国映画「殺人の追憶」は実話で犯人逮捕され事件解決したの?

最後に韓国映画「殺人の追憶」のモデルとなった華城連続殺人事件のその後について

先ほども、ちらっとお話に出ましたが、実はこの犯人、、2019年に捕まったのです!!

なんと、自身の妻の妹を強姦殺人事件で逮捕され、1994年から釜山刑務所に収監されていて、仮釈放された2019年に14人の殺人と30件の強姦事件容疑で再逮捕されたのです。現在も無期懲役で服役中である。

韓国映画「殺人の追憶」まとめ

この映画の監督はいま”パラサイト~半地下の家族~で世界的に有名になった

ポン・ジュノ監督なのです。

映画.com引用

本当に面白い作品を作ってくれますよね。韓国映画を初めて見る方にも、次なに見ようか悩んでる方にもポンジュノ監督シリーズといえばまずは「殺人の追憶」を観てもらいたいなぁ。と思う作品になってます^^

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です