お嬢さん(韓国映画)のネタバレとラスト考察(感想)は?キャスト一覧とパクチャヌク監督の経歴は?

お嬢さんの考察
スポンサードリンク

衝撃の韓国映画『お嬢さん』。日韓を舞台にしたNEWスタイルな映画のネタバレを含む考察とラストまでのストーリーを一気にご紹介!私が見た感想とそしてキャスト一覧も。さらにパクチャヌク監督の経歴など気になるところを見ていきましょう!

スポンサードリンク

韓国映画「お嬢さん」のネタバレ(あらすじ)は?

最初に韓国映画「お嬢さん」の概要とあらすじをご紹介します。

作品名(邦題)お嬢さん
原題(韓国)아가씨
公開日韓国 2016年6月1日
日本 2017年3月3日
監督パク・チャヌク
脚本チョン・ソギョン
パク・チャヌク
公開時間145分

1930年代、日本統治下の朝鮮半島で生まれ育った一人の少女がいた。その少女は詐欺集団に育てられ、自身も幼い子供たちの世話をしていました。

とある日、”藤原伯爵(ハジョンウ)“という詐欺師から一つの計画を提案される。その提案とは巨額の財産相続権利を持つお嬢様の”秀子(キムミニ)”を誘惑し、結婚まで持ち込み、その後に精神病院に入れ財産を奪い取るとゆう話だった。

とある少女 “スッキ/珠子(キムテリ)“に秀子のメイドをするよう依頼する。人の出入りが少ない土地にある屋敷で親日派の上月(チョジヌン)と暮らす秀子の元へ騙すつもりでやってきたスッキ。

だが、身の回りの世話をする日々の中でたくさんの変化が出てきてしまう。秀子はスッキに心を開くようになり、スッキも騙す相手の秀子に惹かれていく..。

R-18指定の韓国映画「お嬢さん」ですが、ラスト結末の考察をこのように感じました!感想とともにお届けします。

スポンサードリンク

韓国映画「お嬢さん」のラスト考察と感想は?

韓国映画「お嬢さん」のラスト結末の考察と感想を語っていきます。

まず、この映画145分と映画にしては長いのですが、それもそのはず。3部構成になってるのですね。

ですが、ミステリー漂うこの映画は、驚き驚き驚きが多いので見てて飽きないのが印象的でした。

まずは考察としては、R-18指定映画なので、過激なシーンが多いのが印象深かったです。ですが、エロティックなシーンでも美しいエロティックだったので男性のためじゃなく、女性に見やすいと感じました。

先程も言いましたが、3部構成になっていると話しましたよね?まずは

・1部は”スッキ(珠子)目線の話”

・2部は”秀子の(過去の)話”

・3部”藤原伯爵の地下室”

..と割り切って映画を観ると分かりやすいかもしれません。そしてこの映画の最大のポイントは春本や春画ですね。有名な葛飾北斎の『蛸と海女』が出てきたりしますが、これもまた女性の究極の美を連想させるようなアイテムなんじゃないかと思いました。

1部で藤原に派遣され、スッキは秀子に近づき、メイドをし、色々な世話をしていく中でスッキと秀子は惹かれ合うように。

2部では秀子の過去の話になり、上月の嫁である秀子の叔母が自殺してしまった悲しい過去がありました。

3部では秀子の代わりにスッキが精神病棟に入り、外では秀子と藤原がレストランで食事をしています。スッキは地元の仲間に作戦変更になったことを伝え、病棟に火事を起こし脱出することに。その頃、秀子も藤原に薬入りのお酒を口移し、眠らせてその場から脱出に成功しました。そしてスッキと秀子は約束の場所で再会し抱き合うのです。

https://twitter.com/ojosan_jp/status/950683116112265216?s=21

目が覚めた藤原の目の前には日本刀を持った男たちが..。

いやらしい話が大好きな秀子の叔父、上月は藤原に対し、”秀子の味はどうだった“かと問います。藤原は迷いなくタバコを要求します。

藤原は初夜のことを話し出し、「あの日、”スッキに聞かせるために頑張りましょう”と秀子にいうと、秀子は誘いを断り、スッキに抱かれてることを思いながら、一人で行為をした」のです。そしてナイフで自分自身を切りつけ、シーツを汚したのだとか..。

藤原が吸うタバコの煙が充満し、上月に”水銀は気化するとき、毒が一番強い”のだと言い、上月は倒れ、藤原も眠ってしまったのだ。スッキと秀子は偽パスポートを作り、日本へ逃げ、幸せを手に入れた二人は激しく愛し合うのでした。

皆様、もうお分かりでしょうか??

わたしはこの映画の考察を考えながら見たのですが、この監督凄すぎる!と感動しました。

そうです。この映画は”LGBT“がテーマになってるのです。韓国ではまだまだ認められていないLGBT。あえて韓国を舞台にするのでなく、先進国の日本を舞台にし、現代じゃなく昔を使って同性同士の愛を描くってすごくないですか??

パク・チャヌク監督だからできた発想なんじゃないかなって思いました!!

ではここで、韓国映画「お嬢さん」のキャスト一覧をご紹介していきます。

スポンサードリンク

韓国映画「お嬢さん」のキャスト一覧は?

韓国映画「お嬢さん」のキャスト一覧になります。

韓国映画「お嬢さん」のキャスト キム・ミニ:和泉秀子役(お嬢様)

https://twitter.com/ojosan_jp/status/950683116112265216?s=21

・パクミニ 1982年3月1日生 38歳

代表作:火車、泣く男など。美しいエロさが出ていて女性も見惚れてしまうパクミニさん。若い頃からモデルとして活躍されてますが、頭からつま先まで女性らしさを使って素晴らしい演技をしてるなーと感じました!

韓国映画「お嬢さん」のキャスト キム・テリ:ナム・スッキ/珠子役(メイド)

https://www.instagram.com/p/CAef4DEAdbt/?igshid=11kr20xofitj7

・キムテリ 1990年4月24日生 30歳

代表作:ムニョン、1987ある闘いの真実など。年齢みてびっくりしました!めちゃくちゃ童顔じゃないですか!!可愛さがずっと変わらないの羨ましいですねー!スッキ役でも幼い役がハマってましたよね。これからもたくさん活躍してほしいです。

韓国映画「お嬢さん」のキャスト ハ・ジョンウ:藤原伯爵役(詐欺師)

・ハジョンウ 1978年3月11日生 42歳

代表作:チェイサー、暗殺など。以前チェイサーでもご紹介させてもらいましたジョンウさん。今回の詐欺師役もさすがでしたね〜!さすが名俳優だなって感じました。

韓国映画「お嬢さん」のキャスト チョ・ジヌン:上月教明役(秀子の叔父)

・チョジヌン 1976年3月3日生 44歳

代表作:毒戦、完璧な他人など。チョジヌンさんも韓国名俳優の一人ですよねー!私も大好きです!人気映画には絶対的存在!!久々にチョジヌンさん出演映画見たくなっちゃいました!

そして韓国映画「お嬢さん」の監督はパクチャヌク氏ですが、どんな経歴の持ち主なのか見てみましょう。

スポンサードリンク

韓国映画「お嬢さん」のパクチャヌク監督の経歴は?

こちらが韓国映画「お嬢さん」のパクチャヌク監督のプロフィールと経歴です。

https://twitter.com/ojosan_jp/status/829188948945666048?s=21
名前パクチャヌク
本名박찬욱
生年月日1963年8月13日
年齢56歳(2020年8月時点)
出身地韓国・ソウル特別市
デビュー作月は..太陽が見る夢
主な作品JSA、オールドボーイ
親切なクムジャさん
等など..

パクチャヌク監督の有名作品はすごい面白い映画が多いのですが、写真を見るとすごくおちゃめな監督なんですーっ!これからもたくさんの素晴らしい作品を期待します!

韓国映画「お嬢さん」まとめ

最後に韓国映画「お嬢さん」のまとめになります。

いかがだったでしょうか??考察を知りながらこの映画を見るとまた新しい感覚で楽しめるんじゃないでしょうか。

この映画はエログロいと言われてますが、日韓の美しさを出してる映像にも注目だと思います。

ぜひ一度、パクチャヌク監督の新しい感覚に引き込まれてみてください。

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です