ベテラン(韓国映画)のネタバレ(あらすじ)と考察感想は?キャスト一覧とロケ地(撮影場所)は?

ベテランネタバレ
スポンサードリンク

韓国人がおすすめする韓国国内映画でも上位の韓国映画『ベテラン』。この人気作品のあらすじを含めたネタバレ共に考察感想をご紹介!!さらにロケ地(撮影場所)とこの作品のキャスト一覧を見ていきましょう。

スポンサードリンク

韓国映画『ベテラン』のネタバレ(あらすじ)は?

韓国映画『ベテラン』の概要とネタバレ(あらすじ)は?

まずは韓国映画『ベテラン』の概要とネタバレ(あらすじ)をご紹介します。

作品名(邦名)ベテラン
原題(韓国)베테랑
公開日韓国 2015年8月5日
日本 2015年12月12日
監督
脚本
リュ・スンワン
公開時間123分

販売した車を回収して、その車をまた販売に出してお金を集めている犯罪グループがあった。

内部調査に乗り出したソ・ドチョル刑事(ファン・ジョンミン)は客を装い、車を購入。自らトランクに入り、再び回収されるのを待った。予定通り回収され、ドチョルはトランクから出るや否や犯人たちを一斉に逮捕した。

大企業、シンジン物産の下請け会社組合に所属していたトラック運転手達は、突然解雇を突きつけられる。賃金未払いであった。運転手のペ(チョ・ウンイン)はこの状況に困り、ドチョルに電話を掛けた。だが、ドチョルは電話に出れず、監修した映画の撮影の打ち上げに参加していたのだ。ドチョルはそこで、シンジン物産の息子でもあるチョ・テオ(ユ・アイン)企画室長と遭遇したのだ。

ドチョルはテオに違和感を覚え、犯罪者の感じを読み取ったのだ。テオはドチョルの思う通り、問題児だったのだ。その一方で、賃金未払いの件でデモが行われていた。テオは解決するためにデモ参加していたペ親子を呼び出した。子供もいる事から最初は優しく穏やかに話を進めていたが、突然ペに殴り始めたのだ。

ペは子供の前だったこともあり、殴り返すことはせず、顔面血だらけにされてしまう。殴られたあとテオはぺに未払い分の賃金と別でお金を渡したのだ。

ドチョルはとある電話を受け、病院へ向かった。ドチョルへ電話をかけたのは、ペの息子だった。ぺは飛び降り自殺を行ったが、一命を取り留めていた。ペがデモの後自殺を行ったことは分かった。ドチョルはぺの子供に話を聞き出すとペが殴られたと言ったのだ。子供がパニックになるため、それ以上、ペに何が起こったのか聞き出すことはできなかった。

ドチョルはテオに会おうと会社に向かったが、追い返されてしまうのだ。担当刑事と会社の人間が繋がっており、事件を調査する気すらなかったのだ。しかしドチョルは諦めなかった。

ドチョルは上司から命令により、シンジン物産の件から手を引くように忠告を受ける。だが、ドチョルの妻がチェ常務に呼び出されお金とバッグを渡される。だが、妻は決して受け取らなかった。

そんな中、ドチョルはこの事態を動かすため、知人記者に頼み、今回の事件を公表することに。シンジン物産の会長は記事を食い止めるために必死だった。そしてチェ常務を殴り、テオを海外逃亡させる事にした。怒ったテオはドチョルを始末することにした。

ドチョルは監察官から取り調べを受ける。監察官がシンジン物産の件で圧力をかけてきたのだ。オチーム長はドチョルを助けるが、昇進に響くためこれ以上事件に首を突っ込むなとドチョルに注意をしたのだ。ドチョルは失望するが、事件の調査を諦める気はなかった。

ドチョル、オチーム長、ユン刑事でチョン所長に会いに行った。部屋の中にはチョン所長と仲間がおり、ユン刑事が刺されてしまったのだ。チョン所長は想定外のことに驚き、逃げようとするが捕まってしまう。

チョン所長の取り調べをドチョルが行った。チョン所長は一緒にいた男に監禁されていたと言うが、ドチョルや他の刑事にはそのような証言など通用しなかった。ユン刑事が刺されたことで、黒幕を逮捕するようドチョル達にきつく命令した。そして隅々まで調べるとチョン所長の車からはたくさんのお金、パスポート、航空券が出てきたのだ。

テオの身代わりに出頭することになったチェ常務。この事件はドチョル達とは違うチームに引き継がれることになったのだ。、もちろんドチョルは納得がいかなかった。そんな時、仲間の刑事が行っていた調査でペが最後に妻へ送ったメールが自殺を図ってからのものだと発覚。ペ以外の外部者がメールを作成し、送信したのだ。のちにわかった事が、ペは自殺ではなかったのだ。

ドチョルは刑務所にいるチェ常務に会って、今回の事件の話をした。ペは悔しくて苛立ちを隠せないまま、テオの元に戻った。その時、事故が起きたのだ。テオがペを殴ったときにペが机に頭を強く打ちつけてしまったのだ。チェ常務は事故を隠すため自殺を偽装した。チェ常務はドチョルから話を出されても、知らないふりをし続けた。

ドチョルたちはテオが参加するパーティーの情報を得る事に成功。テオがそこで麻薬を使うと予想し、立ち入る事にした。ドチョルたちは会場内に入るとパーティーではやはり麻薬が使われていた。ドチョルは逃げたテオを追うが、会場スタッフたちに邪魔をされてしまう。テオは警官を避けながらも車に乗り逃げたのだ。ドチョルはバイクで追いかけた。事故を起こしたテオは、ドチョルを殴って逃げようとしたが、その姿は多くの人が見てしまい、多くの人たちに写真を撮られてしまったのだ。ドチョルはボロボロになりながらもテオに手錠を掛けた。

テオとチョン所長は逮捕され、チェ常務も事件に関わっていたと明らかになった。そして入院中のペの指が動き出したのだ。

スポンサードリンク

韓国映画『ベテラン』の考察感想は?

まず注目ポイントはアクションですかね!!久々に韓国映画でここまでのアクションを観た気がします!最近は恋愛ものとか多い中でのアクションは絶対人気上がるの間違いなしですよね!!観てるこっちが痛ーい!て叫んでしまうぐらいの素晴らしい演技力でした!

財閥と熱血刑事の戦いって韓国映画あるあるですよね。なのに面白い映画だったのがすごいインパクトでした!財閥って韓国では実際に特別優遇されてる人たち多いから、見ててスッキリする部分はありました!面白い所もたくさんある映画なので、映画好きにはオススメです!

スポンサードリンク

韓国映画『ベテラン』のキャスト一覧は?

韓国映画『ベテラン』のキャスト ファン・ジョンミン(ソ・ドチョル役)

ファンジョンミン 1970年9月1日生 50歳

代表作:国際市場で逢いましょう、新しき世界など。ファンジョンミンさんはあまりアクションをやるイメージが無く、今まで癒し系のイメージが強く、このベテランの役柄にびっくりしました。さすが俳優さん。なんでもこなせちゃうのがすごいですよね。

韓国映画『ベテラン』のキャスト ユ・アイン(チョ・テオ役)

ユアイン 1986年10月6日 34歳

代表作:ワンドゥギ、王の運命など。最近の韓流ブームでは欠かせない一人ではないでしょうか?ルックスはもちろん、ベテランでの演技力!!かっこよすぎました、、!

韓国映画『ベテラン』のキャスト ユ・ヘジン(チェ常務役)

ユヘジン 1970年1月4日 50歳

代表作:完璧な他人、王の男など。韓国の脇役俳優、ユヘジンさん!!いろんな映画に出てますよね。こうゆう俳優さんがいるからこそ、素敵な映画ができるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

韓国映画『ベテラン』のロケ地(撮影場所)は?

韓国映画ベテランの撮影場所がどこなのかググってみました..!!

なんと..!!韓国の観光スポットNo.1の明洞がロケ地になってたんですね〜!!クライマックスのみが明洞で撮影されたらしいのですが、それにしても交通量が多い都会のど真ん中での撮影とは..!すごいですね。

韓国映画『ベテラン』のまとめ

現地、韓国での人気が凄かったこの映画ベテラン!!

公開時、2015年韓国映画界ではトップの成績を残し、劇中、ユアインのセリフ”어이가 없네~(呆れるね)“はこの年の流行語となりました!!

そして人気が凄かった理由がもうひとつ。

韓国では社会問題にもなっている財閥のスキャンダルをリアルに映画界した事が人気の一つなのではないかなと思いました。

韓国社会の現状を!エンタメで観るならベテランがオススメです。

ポチッと応援お願いしますね。


韓国ドラマランキング



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です